下痢には、絶食

投稿日:

その商品にはタンニン酸ベルベリンという成分を主成分としたものでした。
このタンニン酸ベルベリンを体内に入れることの副作用として便秘気味になるというものがあるそうなのです。
なのでタンニン酸ベルベリンを体内に入れる前に、犬の下痢がなぜ起きてしまったのかの原因解析を考え得るように努めました。
そこで犬の下痢の理由の一つとして食事があるのかな?数日前に慣れない食事を与えてしまったこと、ということがあると考えました。
そこで、タンニン酸ベルベリンを体内に取り入れ、半日から1日は絶食させるという方法をとりました。
そうすると、下痢は治まりました。
心配していた副作用による便秘も、タンニン酸ベルベリンのおかげで現れなかったです。

私が知人から聞いた話によると、犬の下痢には、絶食させるのが一番最適な方法だと言っていました。
絶食させることにより、腸のバランスが取れ、もとの正常な便通にもどるそうです。
そして、絶食する上で大切なことは、絶食後の食事の与え方だと言っていました。
絶食後は、胃や腸が弱っているので、なるべく少しずつ食べ物を与えて行くという方法が良いそうです。
また、大根やリンゴなど、すりものを与えてあげるのが、犬の下痢を収めるのによい食べ物だと言っていました。
また、絶食させるのが怖いのであれば動物病院に行くこともオススメされました。
やはり、自分の知識だけではカバーしきれない部分があるので、専門的な知識を持っている者に見てもらうのが一番いいそうです。