昔のテレビゲームって本当データ消えやすかったですね。

投稿日:

自分は1980年代のファミコン世代なのですが、昔のゲームって本当データ消えやすかったですね。ソフトによっては、ちょっとでもカセットに衝撃を加えるとデータが全部消えます。嘘でも誇張でもないです。ファミコンをやったことない今のプレイステーション世代には信じらないでしょうね。

当時、ドラゴンクエスト3をプレイした時、20時間かけて、最終ボスのゾーマ戦まで進めたんですが、見事にデータが吹っ飛びました。ドラゴンクエストはデータが消えるとおぞましい音楽がなります。あの音楽が子供心に恐ろしくて、今でもトラウマになってますね。データが消えた悲しみに追い打ちをかけるようにあの恐ろしいBGMですから。

しかし、プレイステーションからは、ソフトもカセットじゃなくCDROMになり、保存も外部のメモリーカードになりましたからね。今現在のps4は、ゲーム本体にデータを保存する形式になってますね。本当ゲームって進化したんだとつくづく感じます。

今ではスマホゲームも主流になってますね。スマートフォンそのものが小さなパソコンって言っていいほど、性能が恐ろしく上がりましたからね。場所を選ばず、どこでもゲームが出来るという手軽さも魅力的ですね。スマートフォンももちろん、データの保存形式はps4と同じ内臓方式です。

ただデータが内臓式だからと言って安心というわけではありません。本体が故障すると中に入っているデータも無事ではないんですから。でも安心してください。
スマホデータの復元ならお任せください!っていうサイトのサービスとかありますから。

ファミコン世代から言わせるとデータの復活とか信じらないですね。ファミコンの場合はデータの復元とかほぼ無理ですからね。