通販で美食をプレゼント

投稿日: タグ ,

私は学生生活が終わるとすぐに実家を出て、遠く離れた県で就職し、長年親元を離れた生活を送っています。

大した親孝行もできない20代を過ごしてきたのですが、時折せめてもの親孝行、と思い、お給料が多い時にはローストビーフの通販を利用して、実家へ美食のプレゼントをしています。

親孝行になっているかは分かりませんが、毎回喜んでくれているので、嬉しそうな声を聞きたくて続けているプレゼントです。

食べ物のプレゼントが喜んでもらえる理由は、物が増えないので受け取りやすいというのと、毎日の食卓に気軽に加えてもらえるので重宝されるからかなぁ、と勝手に考えていますが、特に地域特有の特産品なんかだと、食卓での話題のネタにもなって良いみたいです。

父親と母親が一緒になってその特産品をもとに、いろんな思い出話に花が咲いたと聞いたときには私まで嬉しくなっちゃいました。

いつも両親へ贈ってばかりだったのですが、ふとした思いつきで先日自分にも取り寄せて食べてみたところ、これが驚くほどの美味しさで、ついついリピートしてしまいました。最近の通販の食品ってこんなに美味しいんだ!と感動しました。

これなら結婚した友人や、出産祝いなんかで贈り物にしても十分喜んでもらえるレベルだなと感じました。

さらに、旅行先の宿でいただいたお肉が食べたくなって、ネットで探してみるとすぐに出てきて、なんと通販でも手に入ることも判明。今や食べ物でも通販でどこのものでも手に入るような良い時代になったんですねぇ!

これからはイベントごとについついネットサーフィンで美食めぐりをしてしまいそうです。